SandwichGirl's blog

サークル「SandwichGirl」のお知らせブログです。

5月15日「我こそプリズムキング!」に参加します。

5月15日「我こそプリズムキング!」

会場:蒲田pio

 

アイカツおじさんはもちろん継続していますが、キンプリも好きです。

で、同人誌を作りました。鷹梁ミナトの本です。

映画内で描写が少ないキャラクターですが、特別に好きなので、漫画を描きました。

幼少期からエーデルローズ入学、映画の時間軸をミナト中心に。

f:id:saho45:20160507212501j:plain

ミナトが好きすぎるので描いた本です。でもミナトの出番やら情報やら少ないので捏造して描いてます。

ミナトを好きになってくれる人が少しでも増えたらいいなと思っています。

サンプルページとして、あとがきです。

f:id:saho45:20160507214819j:plain

このあとがきをTwitterに載せたらけっこう反響があってとても嬉しかったです。

ミナト推しの人は少ないわけじゃなかった?!ありがたい!!

 

何回描いても顔が定まらなくて、常に缶バッジを横に置きながら作業しました。

表紙を一番最初に描いたのですが、結局気に入らなくて描き直しました。

f:id:saho45:20160507213017p:plain

もはや誰やねん。

修正前はやっぱ手の描写がおかしい。自分の手を見ながら描いてるとプックプクになります。男性の手って難しい。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

同人誌を作るときはいつも工程表を用意するのですが、毎回自分が立てたスケジュールに苦しめられます。

今回はかなり余裕を持って作業数を決め、作業時間から割り出したページ数でコマを割りました。

ひとコマひとコマの密度を上げること、画面が白くなりすぎないこと、黒をしっかり使う等、自分に定めたハードルがいろいろありましたが、なんとか形になりました。

芸カで手に入れた様々なアイカツ素敵ブックのコマ割りを参考にさせていただきました。

 

漫画の描くようになってから、コマ割りがすごく気になるようになりました。

いかにも凝ったアーティスティックなコマ割りも好きですが、やっぱりあくまで自然にお話を引き立たせるコマ割りがやりたいのですが…

ストーリーや絵のクオリティ、特にデフォルメ体のバランスの取り方は、けっこうハウツー本も出ています。

しかしコマ割りの視線誘導や心理描写のテクニック本はなかなか見つけられなくて困っています。おすすめあったら教えてください。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

キンプリ、話題になってよかったなとしみじみ思います。

思えばプリティーリズム・レインボーライブの放送時期ってアイカツ1期と被ってたんですよね。あのころの女児アニメの熱さといったら…。

アイカツおじさんだったのでレインボーライブは視聴が歯抜けになってて、ちょっともったいないことをしました。

結局ネットで全話パック買って見なおして夜中に号泣するとかしました。

善と悪で苦しむのではなく、善と善が絡み合ってこじれてしまう。ままならない子どもの時間、巻き戻せない大人の時間。

6人それぞれ家庭の事情があったのですが、わたしはべる様・わかなにぐっときました。

与えられた役割を演じているうちに仮面が外せなくなる子ども。

抑圧された不幸な自分を認めたら親を苦しめることになるので自然と物分りのいい子になりますが、

大人の言うところの「いい子」は「都合のいい子」なので、自分の可能性をやたら低く見積もっていたり、諦めが良すぎるとこがあります。

でもベルローズもハッピーレインも、自分たちの夢に向かってちゃんと歩いている、元気でやってるよ!というのがキンプリで描写されていて、とても嬉しかったです。

 

6月に円盤が出るのでそれも楽しみです。ハピなる。